ブラックでも借りられるおまとめローン

以前に延滞や債務整理といった金融事故を起こしている方の場合、いわゆるブラックリストに載っている状態になりますので新たなローンの審査にはまず通りません。通常のローンの審査よりさらに厳しいとされるおまとめローンで借りられるなんてまずありえないのです。

 

ブラックリストに事故情報が載っている期間は事故の種類によって違いがありますが、延滞、債務整理などは5年、自己破産や民事再生は5年〜10年という長い間登録され続けることになります。過去にこうした金融事故を起こしていて、登録期間がはっきりとわからないという方は信用情報機関に情報開示請求を出して確認してみるといいでしょう。

 

しかし、ネットで探してみますとブラックでも借りられるといったおまとめローンの記事をいくつか目にすることができます。こうしたところは違法な業者の可能性が高いですので安易に利用してしまわないよう注意してください。実際、このようにブラックでも借りられると言われて申込をしたら騙されたという「おまとめ詐欺」と呼ばれるケースがあります。

 

おまとめ詐欺はどういったものかといいますと、複数の借入を抱えて困っている人を見つけ出し、初めは低金利で条件のよい高額融資の話を持ちかけてきます。その後、「〇〇という金融会社から〇〇円借りて、保証料としてこちらに送金してください。確認がとれましたらこちらで融資をします」などというように保証料や手付金の入金を求めてきます。送金後は融資をしてもらえることもなく、電話もいつの間にか繋がらなくなる、という手口です。実際にある大手の金融機関の関連会社であるかのような社名を名乗っていることなどから騙されてしまう方が多いようです。

 

すでにブラックの方が正規の業者でおまとめに成功する、というのは可能性としてかなりありえないことです。その状態であれば、おまとめローンを利用するよりも債務整理を検討しましょう。

 

債務整理にも段階があり、うまくすれば財産をすべて手放すことにはならずに済むかもしれません。おまとめローンにしろ債務整理にしろ、とにかく早い段階で検討し、実行することが重要です。できればブラックになってしまう前に対策をとっておきましょう。